斎藤 希実子

Profile

Entry No. 5

斎藤 希実子

Saito Kimiko

学部 3年
学年 経済学部 現代経済デザイン学科
出身 東京都
身長 160cm
趣味 お菓子作り・資本主義と社会主義について考えること
特技 競泳・歌唱

Interview

──ミスコンに出場しようと思ったきっかけを教えてください。

希実子:私は、大学1年目も2年目も青山祭実行委員として青山祭を運営していました。だからミスコンや広研さんは1団体さんとして関わってきた感じです。去年は特に教室で催し物をする団体とすごく密に関わる仕事をしていたので、ミスコン実行委員長の方とも直にやり取りをしたりしていて…。だから身近でありながら真逆の側にいた感じです!

昨年の青山祭が終わった秋頃、以前から興味を持っていたお芝居の勉強を始め、青山祭実行委員の活動は辞めました。と同時に、青学のミスコンはたくさんの人に見ていただけるし、このイベントを通してより自分を表現することができるようになれればなと思いました。

──お芝居の方をやろうと思ったのはなぜですか?

希実子:元々高校まで一貫校に通っていて芸能活動が禁止だったので、具体的に女優になりたいとか考えたことはなくて…。でも小学生のときからずっと人の前に立つのが本当に大好きで、大学に入って1年生の間は結構事務所のオーディションを受けたりしていたけれど、大学の勉強もすごく好きだし、役者の道は諦めようと思って1度辞めたんです。青山祭の実行委員もやっていたから、学校の勉強や実行委員の活動をがんばる大学生活にしようみたいに思っていました。

──めちゃくちゃ真面目

希実子:1年生の時に色々な事務所に送っていた書類を、今通っている養成所の方が見つけてくださり、「うちでお芝居の勉強をしてみない?」って声かけてくださいました。それは2年生の春先だったけど、その時もう青実(青山祭実行委員)を秋まで続けるって決めていたので、今すぐ青実をやめるわけにもいかず、「じゃあ秋からやらせてください」ということで芝居の道に進むことになりました。

──しっかりやっていますね。すごい!

希実子:ミスコンは青山祭の一部という印象が私には結構強くて。だから今まで一緒にやってきた仲間である青実のみんなが作ってくれる青山祭に参加できたらなって思いもあります。形は違うけれど。みんなと一緒に本祭に向かって頑張っていけたらいいなと思いも持って応募しました!

──そういえば、中高女子校って聞いたんですけど。

希実子:あ、小学校から女子校なの…!12年間女子校!初共学が青学っていう。ちょっと刺激が強すぎた(笑)

──しかも青学みたいな。

希実子:大学1年生の時はね、文化の違いを感じた。別に良い意味も悪い意味もないのだけど、共学の子ってどんな話にもオチがあるんだなって思った。女子校ってないのよ、話にオチが。女子校ってもう明日になったら絶対全部忘れているようなしょうもないことでずっと笑ってる(笑)

──でどうなった?みたいな?

希実子:そうそうそう。そう思うと女子校って笑いの沸点低いかもしれない。

──この前の撮影の時も希実子なんか良い感じだった!

希実子:そう!女子校出身だとそういう盛り上げが得意になるのかもね(笑)

──雰囲気良くしてくれて助かってます(笑)よしじゃあ最後に意気込みを!

希実子:はい!他のファイナリストの子達がどんなことをやってきたか知っているわけではないけど、私の大きな強みはお芝居をやっているってところだと思います。あんまり大きいことは言えないけれど、エンターテイナーとして、この4ヶ月間「私」という人間を見てくれる人を楽しませられたらなって思うので、SNSやイベントも、来てくださった人の素敵な時間になるようにがんばります!よろしくお願いします!